新卒採用が全てではない。就職の仕方

大学を卒業して新たに仕事を始める場合、新卒採用以外でも就職する方法はいくらでもあります。


日本の会社の多くは新卒採用主義から離れることが出来ずに、学生もまた「新卒採用」というものに対して高いプレッシャーを感じています。


確かに新卒採用は研修制度がしっかりとしており、入社したてのころはちょっとした学生の延長のような気分かもしれません。



新卒を育てるというDYM内の文化として非常に浸透しています。

しかし仕事は受身でするものではないのです。将来出世する人としない人の違いは、転職をしたかどうかではありません。
仕事に対して熱意を持って取り組んでいるかどうかなのです。

採用担当の人が見るポイントは、5つあります。

新卒社員は会社の宝であるという精神のもと、DYMでは新卒採用と教育に力を入れています。
まずは年齢。

仕事に対して熱意を持って取り組んでいるかどうかなのです。

採用担当の人が見るポイントは、5つあります。


まずは年齢。
若ければ知識を吸収することができますし、伸び代があるため、企業は成長して会社に貢献してくれることを期待します。2つ目にスキル。


特に技術を使う仕事では既にスキルがあるかどうかで即戦力になるかどうかが分かれます。


3つ目に熱意。

熱意がある人は仕事に愛情を持って取り組むため、より良いサービスや製品のために努力してくれることが期待されます。
4つ目に変化に対応する能力です。



年齢が上がってくると過去の経験もあり、それが逆に柔軟に考える力を奪ってしまうことがあります。5つ目に希望する条件です。
転職すれば必ず年収もあがると考えている人もいますが、そうではありません。できる仕事やスキルに対して高い希望がある人は採用されにくくなってしまいます。
これらの条件は新卒採用の場合でも同様です。



大切なのは柔軟に対応できる能力と、良い条件を求めすぎないことです。